冬の皮膚疾患

冬に多い皮膚トラブル

気温・湿度が下がる冬は、寒い季節ならではの皮膚疾患に悩み、皮膚科を受診される方が多くなります。

冬に肌のバリア機能が低下する原因

空気の乾燥

寒い冬は湿度が低く、空気が乾燥するほか、暖房器具によって部屋の空気が乾燥する冬は、乾燥によって肌バリアが低下します。

寒さによる血行不良

気温が下がる冬は、血管が収縮し、血の流れが悪くなるため、皮脂の分泌が減り、肌のバリア機能が低下します。

お湯で洗い物

水場の水温が下がる冬は、洗い物などにお湯を利用する方が多くなります。お湯で洗い物をすると、皮膚膜や細胞間脂質が必要以上に洗い流され、乾燥がひどくなります。

ひび割れ・あかぎれ

ひび割れの症状

皮膚表面の表皮に亀裂が入っている状態をひび割れといいます。ひび割れはかゆみを伴うことが多いです。悪化すると、亀裂がひどくなりあかぎれになってしまいます。

あかぎれの症状

ひび割れが悪化し、真皮に達することで、皮膚奥の赤い部分が見えている状態をあかぎれといいます。かゆみに加え、痛みや出血を伴うことが多いです。
あかぎれになると、傷口に水がしみたり、手指を動かすことで傷口が開いて出血を
繰り返したりなど、日常生活に支障をきたすようになります。

ひび割れ・あかぎれの治療

皮膚科では、塗り薬のほか、必要に応じてビタミン剤などの内服薬も処方いたします。

かゆみ

かゆみの原因

血行不良や乾燥によって、角質がはがれ、細胞の間にできた隙間から、摩擦などの外部刺激が侵入し、かゆみが生じます。肌のバリア機能が低下し、正常な角質をつくることができず、外部刺激に敏感になることで、慢性的なかゆみがおきやすくなります。かゆい部分を掻いている瞬間はかゆみが一瞬おさまりますが、掻くことによってかゆみの原因物質であるヒスタミンが放出され、かゆみが悪化してしまうといった悪循環がおこります。

かゆみの治療

かゆみを繰り返す悪循環に陥ってしまった方や、市販の薬で改善しない方は、皮膚を傷つけて炎症を悪化させる前に、皮膚科を受診しましょう。かゆみを伴う皮膚疾患は多いため、単なる乾燥が原因のかゆみではない可能性もあります。強いかゆみがあったり、かゆみが長期的に続いたりと、かゆみでお悩みの方は、皮膚科に相談することをおすすめします。

しもやけ

原因

しもやけは、温度差のため血行が悪くなることにより発症します。 気温が5度前後で1日の温度差が10度以上になる時期に起こりやすいとされています。

症状

赤く腫れ、痛痒くなるなどの症状がみられます。悪化すると、患部に水ぶくれができたり、ただれたりすることもあります。

しもやけの治療

皮膚科では、血行をよくする内服薬や、塗り薬で治療いたします。かゆみが強い場合は、抗ヒスタミン剤などのかゆみを抑える薬を処方いたします。また、毎年繰り返す方は、寒さがひどくなる前の11月頃から血行を良くする内服薬を飲むことで、症状を軽くすることができます。

乾皮症・皮脂欠乏性皮膚炎

乾皮症の症状

肌が乾燥すると、カサカサした肌触りになり、白い粉をふいたような状態になります。このような状態を乾皮症と呼びます。乾皮症になると、角質層がはがれ、バリア機能が低下することで、皮膚に触れた物質がダイレクトに侵入してくるため、かゆみが生じやすくなります。

皮脂欠乏性皮膚炎の症状

乾皮症の肌を掻いたり、入浴時にナイロンタオルや石鹸で洗ったりなど外部刺激を与えることで炎症がひどくなり、ブツブツとした湿疹ができた状態を皮脂欠乏性皮膚炎といいます。皮脂欠乏性湿疹は、皮脂腺が発達していない小児や、皮脂腺が退化していく中高齢の方や、水仕事が多い方に多くみられます。

乾皮症・皮脂欠乏性皮膚炎の治療

乾皮症の状態であれば、保湿剤で対処できますが、皮脂欠乏性湿疹になってしまった場合は、抗炎症作用のあるステロイド外用薬を使用することが必要です。皮膚科では、ステロイド外用薬のほか、かゆみが強い場合は、抗ヒスタミン・抗アレルギー作用のある飲み薬なども処方いたします。

貨幣状湿疹

貨幣状湿疹の症状

貨幣状湿疹は、患部がコイン状の形をした、かゆみを伴う湿疹です。コイン状の湿疹は、ジュクジュクとした湿潤状態やカサブタが見らます。一時的によくなっても、すぐにかゆみをぶり返すことが多く、治療が長引く皮膚疾患です。

貨幣状湿疹の治療

貨幣状湿疹の治療が長引いて、分泌液の漏出が続き、感染が新たに起こったり、不適当な外用薬によって皮膚炎を起こしたりすると、全身にかゆみを伴う小水疱が発生する自家感作性皮膚炎に発展してしまうため、貨幣状湿疹のような症状が現れたら、はやめに皮膚科で正しい治療を受けることが大切です。治療は、医師の判断に従い、自己判断で中断しないようにしましょう。 冬は、空気の乾燥により皮膚にかゆみが発生し、掻くことによって皮膚が傷つき、貨幣状湿疹が発症しやすくなるため、注意しましょう。

尋常性乾癬

尋常性乾癬の症状

乾癬とは、皮膚が赤く盛り上がり、表面に白い垢が付着して、ポロポロとはがれ落ちる皮膚疾患です。尋常性とは「ありふれた」という意味で、尋常性乾癬は、その名のとおり、乾癬のなかでも一番患者さんが多い皮膚疾患です。

尋常性乾癬の原因

尋常性乾癬の原因ははっきりしておりませんが、気温・湿度が関係しており、冬に悪化する人が多い皮膚疾患です。

尋常性乾癬の治療

軽症の場合は、外用薬や内服薬での治療になりますが、重症になると入院が必要になる場合もございますので、早い段階で医師に相談し、正しい治療を受けましょう。

皮膚科メニュー


冬に多い皮膚疾患の治療は、名古屋栄の皮膚科ロタージェへ
毎年冬になると、寒い季節特有の皮膚疾患に悩まされているという患者さんが多く来院されます。気温が下がり、乾燥する冬は、肌のバリア機能が低下し、様々な症状を引き起こします。ひび・あかぎれ・しもやけなどは、市販の薬などで治療することもできますが、症状がひどい場合や、毎年同じ症状に悩んでいる方は、皮膚科で適切な治療を受けることをおすすめします。ほかにも、乾皮症・皮脂欠乏性皮膚炎・貨幣状湿疹・尋常性乾癬などの冬に多い皮膚疾患の治療は、ロタージェにお任せください。