ニキビ

ニキビの改善と治療法について

最近は10代~30代の幅広い年齢層の方も、ニキビ治療で多く受診されています。にきびは、毛穴に皮脂がたまってできます。思春期のにきびは性ホルモンの働きが活発になり、皮脂の分泌が増加してできますが、20歳台以降にできる大人のにきびは、さまざまな原因が考えられます。にきびは、放っておくとにきび痕を残すこともあるので、早めの治療や予防が大切になってきます。受診いただくと、診療後、患者さんそれぞれに合った薬が処方されます。
飲み薬には、抗生物質や炎症を抑える薬、皮脂の分泌を抑える薬、ホルモンのバランスを整える薬や漢方薬が処方されます。塗り薬には、炎症を抑えたり、皮脂分泌を抑えたり、皮膚の新陳代謝を高める薬が処方されます。

※患部の症状を診るために、ひどい部分はファンデーションを落としてお越し下さい。

アダルトニキビについて

ニキビが「青春のシンボル」などとうたわれたのは遠い昔の話。20代を過ぎると思春期ニキビは、大人ニキビいわゆる「アダルトニキビ」となって私たちを悩ませます。アダルトニキビは思春期のころと違って、過度なストレスや体調不良を訴える体のサインでもあり、また「生理前になるとニキビができる」といったように、ホルモンバランスも大きく影響してきます。
アダルトニキビは頬、あごや口の周り、首などにできるのが特徴で、ストレスや睡眠不足、偏食などの不規則な生活が主な原因とされています。
やっかいなアダルトニキビですが、ニキビの特徴に合わせた漢方薬の処方や、ビタミンB2・B6による脂質分泌の抑制、アクネ菌を抑えるためのマクロライド系抗生剤などの治療法がございます。

外用剤
ディフェリンゲル
ディフェリンゲル

ディフェリンゲルは、目に見えない 微小面ぽうと呼ばれる初期ニキビの発生や炎症強ディフェリンゲルは、目に見えない 微小面ぽうと呼ばれる初期ニキビの発生や炎症強ディフェリンゲルは、目に見えない 微小面ぽうと呼ばれる初期ニキビの発生や炎症強ディフェリンゲルは、目に見えない 微小面ぽうと呼ばれる初期ニキビの発生や炎症強ディフェリンゲルは、目に見えない 微小面ぽうと呼ばれる初期ニキビの発生や炎症強ディフェリンゲルは、目に見えない 微小面ぽうと呼ばれる初期ニキビの発生や炎症強

外用剤
デュアック配合ゲル
デュアック配合ゲル

デュアック配合ゲルは、炎症性ニキビを改善しニキビの悪化を防ぐ外用薬です。1本で過酸化ベンゾイルとクリンダマイシンの作用機序の異なる2つの有効成分を含有しており、角質剥離作用、抗菌作用、抗炎症作用が働きます。
1日1回、洗顔後に炎症を起こしてしまった赤ニキビとその周辺に塗布します。副作用として、乾燥、皮膚の剥がれ、赤み、痛み、かゆみなどが、現れる場合がございます。副作用の多くは一時的なものですが、副作用の症状が続いたり、強く出たりする場合は、医師にご相談ください。

外用剤
ベピオゲル
ベピオゲル

ニキビ治療の新薬として2015年4月より日本で新たに発売になったのがベピオゲルです。ベピオゲルの主成分は「過酸化ベンゾイル」で、抗菌作用があります。アクネ菌やブドウ菌などのニキビの原因菌が増えるのを予防するほか、古い角質のターンオーバーを促す作用があります。副作用により、皮膚の赤み・ヒリヒリ感・乾燥などの副作用が出る場合があります。

外用剤
ダラシンTゲル・ダラシンTローション・クリンダマイシンゲル
ダラシンTゲル・ダラシンTローション・クリンダマイシンゲル

リンコマイシン系の抗生物質が主成分となる抗菌外用薬です。ニキビのもとになるアクネ菌やブドウ菌などの細菌のたんぱく質合成を阻害することで、ニキビ患部を殺菌し、炎症を抑えます。クリンダマイシンゲルは、ダラシンTゲルのジェネリック医薬品です。

外用剤
ゼビアックスローション
ゼビアックスローション

2016年1月に発売開始となった、炎症を起こしたニキビの治療薬です。キノロン系の外用抗菌剤で、ニキビのもとになる細菌の DNA の複製を阻害することによる殺菌作用があります。1日1回の塗布で効果を得られる点が特徴です。

低容量ピルや漢方、ビタミン、抗生剤の服用

通常のニキビケアでなかなかニキビが治らない場合や、生理前にニキビが悪化するといった症状がある場合は、女性ホルモンの乱れが原因であることが考えられます。そういった場合は、身体のリズムを知るためにまず基礎体温表をつけていただくことをおすすめしています。アダルトニキビの場合、実は女性ならではの不調が原因で、低用量ピルや漢方の服用によって改善されたという方も多くいらっしゃいます。ロタージェでは婦人科併設の皮膚科であることを活かして、患者さん一人ひとりに合った最適な処方をご提案いたします。 ※低用量ピルは自費治療となります。

十味敗毒湯

解毒・及び免疫能の向上効果がある漢方です。

ピドキサール

ビタミンB6が多く含まれるビタミン剤です。皮脂の分泌を抑える効果があります

フラビタン

ビタミンB2が多く含まれるビタミン剤です。皮脂の分泌を抑える効果があります。

抗生物質:ルリッド
低容量ピル:アンジュ
低容量ピル:マーベロン

ニキビの漢方治療

ニキビは、生活習慣の乱れやストレスから女性ホルモンの影響など、様々な要因が元で発症するため、発症の原因を十分に追究し、自分に合った治療法を選択する必要があります。
昨今、治療法の中でも漢方薬を使用した治療が注目されるようになってきました。しかし漢方薬のみでは大きな治療効果は期待できないため、上記の治療と合わせて併用するのが妥当だといえるでしょう。ロタージェでは、通常の処方に加え、患者さんの体質に合った漢方薬の処方も行っております。

十味敗毒湯の効果と作用

ニキビ治療で使用される十味敗毒湯は、ニキビによる赤みや腫れを抑えるのと同時に、排膿を促して炎症を抑える作用があります。抗炎症作用、抗酸化作用など多面的な作用を持っているほか、ニキビを治すだけでなく、ニキビができにくい体質を作るなど、体質を根本的に変えていく漢方ならではの作用があります。

十味敗毒湯の作用

  • IL-6およびTR-2の産生抑制
  • 抗炎症作用
  • 抗酸化作用
  • 男性ホルモン代謝酵素阻害作用

皮膚科メニュー


名古屋栄の一般皮膚科・ニキビ治療・小児皮膚科はクリニックロタージェ。
クリニックロタージェは、名古屋栄の街で10年以上、皮膚のお悩みを抱える女性と向き合っています。クリニックロタージェは婦人科と皮膚科を併設してるため、皮膚科では、女性の肌状態を女性ホルモンなど体の状態と結び付けて診療することができることが、クリニックの強みです。塗り薬で外側から皮膚疾患を治療するほか、抗生物質・ビタミン剤・ピル・漢方などの飲み薬で内側から皮膚疾患を治療するなど、患者さんの肌状態や体調に応じた治療を行います。ロタージェは、名古屋栄駅から徒歩1分とアクセス良好で、長期治療が必要となる皮膚病でお悩みの方でも、通いやすい皮膚科です。インターネット上には、様々な皮膚病の情報が溢れていますが、似たような症状でも治療方法がまったく異なる皮膚トラブルも多くございます。皮膚に異常が現れた方は、お1人で解決しようとせず、お気軽に皮膚科の医師にご相談ください。