帯状疱疹

帯状疱疹とは

帯状疱疹は、神経に潜伏している水疱瘡ウイルスが原因となって発症する皮膚湿疹のことです。一般的な症状としては、体の片側や一部にピリピリとした痛みを感じることから始まり、そこに紅斑ができ、水疱が帯状に広がっていきます。やがて水疱がやぶれてかさぶたになり、治まっていきます。皮膚に症状がでている間、痛みを伴うことがほとんどで、症状の消失とともに、痛みも沈静化していきます。

帯状疱疹の感染について

帯状疱疹の症状が他の人に移ることはございませんが、水疱瘡ウイルスが移ることで、まだ水疱瘡を発疹したことない乳幼児などに、水疱瘡の症状が現れることがございます。

帯状疱疹の再発について

一度帯状疱疹にかかった人は免疫ができるため、再び帯状疱疹を発症することは少ないですが、加齢やストレス、体調不良などで、免疫力が下がると、帯状疱疹が再発する場合もございます。再発する方は、発疹の場所は1度目の時と異なる場合が多いため、「場所が前回と違うから」という理由で、帯状疱疹ではないと判断することはやめましょう。

帯状疱疹の合併症・帯状疱疹神経痛とは

帯状疱疹後神経痛とは、帯状疱疹による皮膚の異常が消失し、帯状疱疹が治癒した後も続く痛みのことで、帯状疱疹の合併症としては最も発症することが多いです。

帯状疱疹神経痛の原因の症状

帯状疱疹後神経痛の原因は、帯状疱疹を発症したときには正常であった神経が、ウイルスによって傷つくことで、痛みを抑制する経路に障害をきたすことが考えられています。帯状疱疹後神経痛の代表的な症状は、以下のように例えられます。

帯状疱疹神経痛の症状例

  • 刺すような痛み
  • 焼けるような痛み
  • ヒリヒリ、ズキズキ、
     ピリピリしたような痛み
  • 締め付けられるような痛み
  • 触れただけで痛い
  • 皮膚の感覚が低下する

皮膚科メニュー


帯状疱疹治療は、名古屋栄の皮膚科ロタージェへ
体の一部にチクチク・ピリピリとした痛みがあり、赤い発疹が発症した方は、帯状疱疹の可能性がございます。初期の段階では、かぶれや虫刺されなどと勘違いし、医者に掛からないために、重症化するケースも多くございます。症状が悪化すると、眠れないほどの痛みに悩まされる方もみえます。帯状疱疹の原因は、水疱瘡ウイルスであるため、市販のかぶれ用の薬を使用しても改善されません。帯状疱疹が疑われる症状が発症した方は、皮膚科の医師にご相談ください。