脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎の改善と治療法について

脂漏性皮膚炎とは、かゆみをともない、赤くなったり、皮がむけたりする皮膚疾患で、脂腺が多く皮脂の分泌の多い鼻の周辺や頭皮、摩擦の多い脚の付け根、脇などによく発症します。頭皮に症状が出ると、頭皮がむけてくるため、フケ症と勘違いして悩まれる方もみえます。また、放っておくと、皮脂が酸化して異臭がすることもあります。脂漏性皮膚炎の症状は、アレルギー性皮膚炎や刺激性皮膚炎とも似ており、脂漏性皮膚炎であることに気が付かない方もいます。

脂漏性皮膚炎の原因

脂漏性皮膚炎の原因は、カビの一種であるマラセチア真菌です。そのため、マラセチア真菌を抑えるための治療が必要となります。脂漏性皮膚炎は、適切な治療をしないと、慢性化したり、再発したりと、治療が長期にわたるため、脂漏性皮膚炎が疑われる症状が現れた場合は、早めに医師へ相談しましょう。

治療について

皮膚科では、一般的に下記のような治療が行われます。

  • 炎症を抑えるためのステロイド外用薬
  • マラセチアの増殖を抑える抗真菌薬
  • かゆみを抑える抗ヒスタミン剤

鼻や頭皮などの皮脂分泌が多い部分や、脚の付け根や脇などの摩擦が多い部分に、脂漏性皮膚炎のような症状が現れた場合は、お気軽にロタージェにご相談ください。

皮膚科メニュー


脂漏性皮膚炎の治療は、名古屋栄の皮膚科ロタージェへ
成人の脂漏性皮膚炎は、一般的に、マラセチアというカビの一種の菌が増殖することによって起こります。脂漏性皮膚炎という自覚症状がないまま正しい治療を受けず、慢性化してしまうケースが多くありますので、脂漏性皮膚炎が疑われる場合は、早めに医師のもとで正しい治療を受けましょう。皮膚科では、マラセチアの増殖を抑えるための抗真菌薬や、かゆみを抑える抗ヒスタミン剤、ビタミン剤などを用いて治療を行います。