口唇ヘルペス・外陰ヘルペス・口内炎

口唇ヘルペス・外陰ヘルペス・口内炎について

ヘルペスとは、ピリピリとした痛みやムズムズとした痒みなどの不快感を伴った小さな水ぶくれができる病気です。ヘルペスは感染症であり、口唇ヘルペスと外陰ヘルペスは、単純性ヘルペスウィルスが飛沫や接触によって感染することが主な原因となります。単純性ヘルペスウィルスの感染力は高く、一度治ったあとでも三叉神経という顔の神経に潜伏します。そのため、抵抗力が弱まった時に、再発を繰り返してしまいます。

口内炎は、口内炎は、口内の粘膜に潰瘍ができる場合が多く痛みを伴います。食生活やストレスなどが原因となる場合もあり悪化すると出血したり、摂食不良になったりといった症状になります。

ヘルペスの症状

ヘルペスは以下のような症状が現れ、通常2週間ほどで完治します。

初期症状

ピリピリ、チクチクするなどの違和感があり、半日ほどで患部が赤く腫れてくる。

1~3日後

赤く腫れた上に小さな水ぶくれができる。ヘルペスの場合、水ぶくれが一か所に集中してできるのが一般的。

回復期

水ぶくれがやぶれ、かさぶたになる。

赤く腫れ始めるとウイルスが患部で増殖し、水ぶくれになるため、周囲に感染することがあります。また、放っておくと顔に跡が残ってしまったり、重症化する恐れもあるため、できるだけ早い段階で治療を始めることが大切です。

口唇ヘルペス再発の主な原因

ヘルペスは再発しやすい疾患です。
再発の原因には以下のようなものがあります。

口唇ヘルペス再発の原因例

  • かぜ
  • ストレス・過労
  • 唇にできた傷
  • 月経前
  • 紫外線
  • 睡眠不足

上記のことが誘因となり肌や身体の免疫力が低下し、潜伏しているウイルスが再び増殖を始めることで、口唇ヘルペスが再発します。

外陰ヘルペスとは

性器やお尻の周辺に水ぶくれができる性器ヘルペスの中でも、外陰部にできるヘルペスを外陰ヘルペスといいます。ひりひり感やかゆみなどの症状があらわれ、その後水ぶくれが破れて潰瘍を形成すると強い痛みを感じます。同時に発熱などの症状があらわれる場合もあります。

外陰ヘルペスの初期症状

  • 性行為などによって感染し、4~10日間の潜伏期間ののち発症する
  • ひりひりとした痛みやかゆみなどの違和感がある
  • 患部に赤いブツブツができ、水ぶくれとなって破れ潰瘍を形成する
  • 激しい痛みを感じる(排尿痛や歩けないほどの強い痛みを感じる場合もある)

注意すべきこと

外陰ヘルペスなどの性器ヘルペスは、主に病変部との接触によって感染します。
感染しても症状が出ないこともあり、感染に気づかない人もいます。
症状が出ているときはもちろん、出ていない場合でも、性器の表面にウイルスが出てきて、パートナーに感染することもあります。

口内炎とは

口の中や舌、周辺の粘膜など、口の中の粘膜に生じる炎症を総称して口内炎といいます。一般的に口内炎といえば、アフタ性口内炎を指す場合が多く、食べたものがしみる程度のものから、びらんや潰瘍など強い痛みを感じるものもあります。大抵1~2週間ほどで完治しますが、再発することも多く、早く治したい場合や摂食不良、出血が伴う場合は、病院での治療を行うとよいでしょう。

一般的な口内炎(アフタ性口内炎)の原因

口内炎の原因には以下のようなものがあります。

口内炎の原因例

  • 偏食などによる栄養不足
  • 口腔内の傷・不衛生
  • ドライマウス
  • ストレス・疲労
  • 睡眠不足
  • 口内炎と関わりがある病気への感染

上記以外にも、食物アレルギーがある人や口腔内の粘膜が薄い人が口内炎になりやすいとされています。

口内炎の症状

口内炎の中で最も多いアフタ性口内炎の場合、粘膜にアフタと呼ばれる1,2個の米粒大の白い潰瘍ができ、その周辺が赤く腫れて痛みが伴います。口腔が不衛生の場合、口内炎の発症に伴い、口臭が発生することもあります。

皮膚科メニュー


ヘルペス・口内炎治療は、名古屋栄の皮膚科ロタージェへ
生理中や生理前後になると発症するヘルペスや口内炎に悩まされる方もみえます。生理中や生理前後にできるヘルペスや口内炎は、ホルモンバランスが変化することで、免疫力が低下することが原因となります。生理が原因で起こるヘルペスや口内炎を根本的に治療するには、ホルモンバランスを整える必要があります。市販の塗り薬や飲み薬で改善されない方は、皮膚科で治療を受けましょう。